墓じまいは大変なのですが

 自分の代で自分の家が終わってしまう状況の人というのが割といます。しかし、墓はある、ということになりますとなかなか自分の死後に面倒なことになります。ですから、そういう場合においては墓じまいということを考える人が増えてきています。当然、多くの場合、それは高齢者が考えることになります。終活の一つとして墓じまいがあるわけです。当然お墓があるということは大抵の場合お寺であるわけですがその場合、やめるためにも費用がかかったりしますのでまずはコスト的なことを考えなければならないということがあったりします。墓石は当然、撤去をするということになりますし、場合によっては更地にしなければならないということもあります。さらには入っている遺骨をどうするのか、と言う事もあるでしょう。永代供養にということが一般的にはなるのですが散骨という手もありますし、いくらか選択肢があるというのはありがたいことになるでしょう 。コストや自分の宗教観などに合わせて遺骨のことを考える必要性があるのが墓じまいです。