負担が少ない合同墓・共同墓

少子化や維持費などの問題で最近ではお墓を建てずに供養をする方法も増えてきました。特に合同墓・共同墓は、同じ地域に住む方と一緒にお墓を作るタイプや合祀型のものなどがあり、手頃な値段となっているので利用者が増えてきています。費用としては平均的なもので20万から30万ほどと、お墓を建てるよりも安く済みますし、共同墓地で管理をしてくれるので手間なども掛かりにくいというメリットがあります。

その分個人での管理費も掛からないのですが、実際には個別の霊園や共同墓地で料金が掛かるケースもあるので事前に調べておきましょう。管理面では当然お墓のメンテナンスや草むしり、掃除などもしてもらえるので高齢で墓参りなどが負担になった方も合同墓・共同墓を選んでいるそうです。

お墓というものは子供などに後継されることが多いのですが、合同墓・共同墓の場合にはこの点を考えなくて済むというメリットもあります。ただし個別に年忌法要を行うことは基本的にないので、この辺も考えてから選ぶことが大切です。
カテゴリー: 永代供養

合同墓・共同墓とはどんなものか

合同墓というのは、複数の方のご遺骨を一か所にまとめて埋葬するお墓のことであり、「共同墓」などと呼ばれることもあります。モニュメントになる石碑などの下にご遺骨を埋葬するという形態がとられることが多く、お墓参りはその石碑のところで行うことになるため、一般的なお墓とは少し異なった趣のものになると言えます。そして合同墓は「永代供養」の一種であり、お墓の管理・供養は霊園や寺院に任せておくことができるということも重要な特徴です。
合同墓を選ぶ方というのは、お墓を継承者がいない方や、子供に管理の負担をかけたくない方だと言えますし、最近はこのスタイルのお墓が選ばれるケースも増えていると言われています。さらにこの合同墓は、一般的なお墓を建てる場合と比べてかなり安い費用(5万円~30万円程度)で済ませられるというメリットもあります。そのため、お墓を建てる費用が工面できないという経済的な理由で選ぶ方も多いと言えるでしょう。
カテゴリー: 永代供養

合同墓・共同墓!誰にも迷惑をかけない永代供養!

妻が亡くなったのが10年前で子ども2人とも無縁で現在はワンルームのアパートで一人暮らしをしています。健康に暮らしていますが将来を考えるとすごく不安でした。それというのも、もし自分が突然どうかなってしまったら財産とかあるわけじゃないけど、このアパートの家賃とか光熱費とかを止めたりとかどうすれば良いのかと思い煩うようになりました。そこで、たまに行く喫茶店で教えてもらった死後の事務を代行してくれるサービスを利用することにしました。少ない年金の中から毎月4000円払っています。毎日電話がきて安否を確認してもらえます。もしもどうかなっていたら死後遺族などにやってもらうような後処理を全てやってもらえるのです。お墓のことは先に話し合いました散骨も考えましたが、成仏できないような気がして、永代供養してもらえるという合同墓・共同墓にすることにしました。自分のような身よりがなく、お墓を建てるお金もない人が利用できるものです。無縁の人たちと一緒にお墓に入るわかですが、死後のことなので特に気にしてはいません。一番安くて死後も無料の合祀タイプの埋葬方法を選びました。一か月間に亡くなった希望者の人たちの骨と一緒くたに納められます。本当に永代供養されるのかとも思いますが、死んでみなければ分からないし極力考えないようにしています。
カテゴリー: 永代供養

多様化する合同墓・共同墓

近年、少子化の影響で新たに従来型のお墓を建立しても、すぐに無縁仏化する恐れがある事から、永代供養の埋骨・納骨施設を利用される方が増えています。
永代供養の埋骨・納骨の中でも、最も費用が安いのが合同墓・共同墓方式です。これは大きな慰霊碑の下に納骨スペースを設け、多くの人のご遺骨を一緒に埋骨・納骨するもので、場所が取らず、施設も簡便なために経費で埋骨・納骨してもらえるものです。
多くの遺族が、同じ慰霊碑に向かって合掌する事になりますが、これに抵抗がなければ合同墓・共同墓でも十分と言えます。
この方式の納骨・埋骨方式も、多様化しています。基本は先に記載した大きな慰霊塔・合同墓を墓標とするものですが、大きな桜の木の下に合祀する樹木葬もこの分類に当たります。
また大阪の有名な寺院では、10年分のご遺骨を集め、そのご遺骨を粉砕して特殊技術で固めて阿弥陀如来を作り、この骨仏に手を合せると言う方法を採っている所もあります。
多くの方と一緒の墓標に向かって手を合せるのに抵抗がある方は、分骨してその一部を手元供養すると言う方法も良いかも知れません。
カテゴリー: 永代供養