永代供養の種類について

永代供養は、霊園に管理や供養を任せておける供養の方法として知られていますが、その種類はさまざまあります。主な種類としては、合祀タイプや個人墓タイプ、そして納骨堂タイプなどがあると言えるでしょう。
まず「合祀タイプ」は、合祀墓のモニュメントの下に、他のご遺体と一緒に埋葬されるというものになります。個別に安置する場合より料金が割安になるため、費用を節約したい場合などに選ばれることが多いと言えるでしょう。
次に「個人墓タイプ」は、個別に墓石を建てて埋葬するものであり、永代供養ではあるものの見た目は一般的なお墓と同じになります。そのためお参りも一般的なお墓と同じようにできますが、墓石代がかかるということもあって、料金が高くなるのが特徴です。
さらに「納骨堂タイプ」は、屋内の施設に個別にご遺骨を安置するというものになります。見た目は普通のお墓とかなり異なるものになりますが、もちろん普通のお墓と同じようにお参りをすることも可能です。