話し合って永代供養を利用するかを決めよう

日本では、 沈んでいることからもお墓の管理で悩む人も多いです。そんなお墓を管理で悩んでいる人に選ばれているのが永代供養です。永代供養とは、遺族に変わって知人にアレンが供養する埋葬方法です。ただ、供養期間は永遠ではなく、多くが三十三回忌を目安としています。ただ相談をすることによってより長く服用してもらうことも可能です。
この埋葬方法には、屋外型と屋内型があり、どのような埋葬方法するのかによって費用が違ってきます。普通のお墓のような単独墓であれば供養料だけで40万円程度が必要で、さらに墓石を建てるための費用も必要になります。その他では集合墓、合祀墓などがあり、合祀墓であれば永代供養料は10万円程度で済むところもあります。
遺族は管理する必要もないため、一般的なお墓を建てるよりも費用負担が少ないのが大きな利点です。ただ供養期間が決まっていることから、自分たちがこの供養方法で問題ないと思っても、その子供や孫たちが 自分たちで供養したいと考えるようになるとトラブルに発展しやすいという欠点もあります。利用する際には、自分達の都合だけでなく周りの人たちの声も聞いて、活用するかどうかを決める必要があるでしょう。