負担が少ない合同墓・共同墓

少子化や維持費などの問題で最近ではお墓を建てずに供養をする方法も増えてきました。特に合同墓・共同墓は、同じ地域に住む方と一緒にお墓を作るタイプや合祀型のものなどがあり、手頃な値段となっているので利用者が増えてきています。費用としては平均的なもので20万から30万ほどと、お墓を建てるよりも安く済みますし、共同墓地で管理をしてくれるので手間なども掛かりにくいというメリットがあります。

その分個人での管理費も掛からないのですが、実際には個別の霊園や共同墓地で料金が掛かるケースもあるので事前に調べておきましょう。管理面では当然お墓のメンテナンスや草むしり、掃除などもしてもらえるので高齢で墓参りなどが負担になった方も合同墓・共同墓を選んでいるそうです。

お墓というものは子供などに後継されることが多いのですが、合同墓・共同墓の場合にはこの点を考えなくて済むというメリットもあります。ただし個別に年忌法要を行うことは基本的にないので、この辺も考えてから選ぶことが大切です。
カテゴリー: 永代供養

合同墓・共同墓とはどんなものか

合同墓というのは、複数の方のご遺骨を一か所にまとめて埋葬するお墓のことであり、「共同墓」などと呼ばれることもあります。モニュメントになる石碑などの下にご遺骨を埋葬するという形態がとられることが多く、お墓参りはその石碑のところで行うことになるため、一般的なお墓とは少し異なった趣のものになると言えます。そして合同墓は「永代供養」の一種であり、お墓の管理・供養は霊園や寺院に任せておくことができるということも重要な特徴です。
合同墓を選ぶ方というのは、お墓を継承者がいない方や、子供に管理の負担をかけたくない方だと言えますし、最近はこのスタイルのお墓が選ばれるケースも増えていると言われています。さらにこの合同墓は、一般的なお墓を建てる場合と比べてかなり安い費用(5万円~30万円程度)で済ませられるというメリットもあります。そのため、お墓を建てる費用が工面できないという経済的な理由で選ぶ方も多いと言えるでしょう。
カテゴリー: 永代供養

合同墓・共同墓!誰にも迷惑をかけない永代供養!

妻が亡くなったのが10年前で子ども2人とも無縁で現在はワンルームのアパートで一人暮らしをしています。健康に暮らしていますが将来を考えるとすごく不安でした。それというのも、もし自分が突然どうかなってしまったら財産とかあるわけじゃないけど、このアパートの家賃とか光熱費とかを止めたりとかどうすれば良いのかと思い煩うようになりました。そこで、たまに行く喫茶店で教えてもらった死後の事務を代行してくれるサービスを利用することにしました。少ない年金の中から毎月4000円払っています。毎日電話がきて安否を確認してもらえます。もしもどうかなっていたら死後遺族などにやってもらうような後処理を全てやってもらえるのです。お墓のことは先に話し合いました散骨も考えましたが、成仏できないような気がして、永代供養してもらえるという合同墓・共同墓にすることにしました。自分のような身よりがなく、お墓を建てるお金もない人が利用できるものです。無縁の人たちと一緒にお墓に入るわかですが、死後のことなので特に気にしてはいません。一番安くて死後も無料の合祀タイプの埋葬方法を選びました。一か月間に亡くなった希望者の人たちの骨と一緒くたに納められます。本当に永代供養されるのかとも思いますが、死んでみなければ分からないし極力考えないようにしています。
カテゴリー: 永代供養

多様化する合同墓・共同墓

近年、少子化の影響で新たに従来型のお墓を建立しても、すぐに無縁仏化する恐れがある事から、永代供養の埋骨・納骨施設を利用される方が増えています。
永代供養の埋骨・納骨の中でも、最も費用が安いのが合同墓・共同墓方式です。これは大きな慰霊碑の下に納骨スペースを設け、多くの人のご遺骨を一緒に埋骨・納骨するもので、場所が取らず、施設も簡便なために経費で埋骨・納骨してもらえるものです。
多くの遺族が、同じ慰霊碑に向かって合掌する事になりますが、これに抵抗がなければ合同墓・共同墓でも十分と言えます。
この方式の納骨・埋骨方式も、多様化しています。基本は先に記載した大きな慰霊塔・合同墓を墓標とするものですが、大きな桜の木の下に合祀する樹木葬もこの分類に当たります。
また大阪の有名な寺院では、10年分のご遺骨を集め、そのご遺骨を粉砕して特殊技術で固めて阿弥陀如来を作り、この骨仏に手を合せると言う方法を採っている所もあります。
多くの方と一緒の墓標に向かって手を合せるのに抵抗がある方は、分骨してその一部を手元供養すると言う方法も良いかも知れません。
カテゴリー: 永代供養

将来は共同墓にまとめる計画について

私の計画としては、将来は夫の家系の墓とうちの実家の墓と一緒にして、共同墓にして管理していこうと計画しています。
今現在、その話をするともめるので、黙っていますが、夫の家系は今2つの墓を並べて管理しています。
でも、将来は、その墓を管理する人が私たち夫婦になるので、夫の家系の墓2つとうちの実家の墓と別々に管理していたら、通って掃除をするのも大変なので、いっそうちの近所に持って来ようと思っています。

昔みたいに、現代では、墓にこだわる人も減ってきたので、夫の実家の墓とうちの実家の墓を混同させても、文句を言う人もいないと思います。
そのわけは、普段墓掃除をして管理をしているのが、うちの実家の家族だけだからです。
夫の実家でも、数十年後には墓の管理をするのは、私達夫婦だけになると思うので、墓をなくすよりは、一箇所にまとめて管理していこうと思うのです。
最近では、墓の管理もお寺に全て任せている家も多いですが、それも毎回お寺に管理費を支払っていかないといけなくなるので大変です。
墓に対する考え方や管理方法も、現代では多様化してきているので、自分達にとって一番管理しやすい方法を選択していこうと思っています。

カテゴリー: 永代供養

遺族のためにも合同墓・共同墓を

合同墓・共同墓を選択することは遺族のためにもなることをご存知でしょうか。それは、墓石の購入費用を抑えることが出来るというだけではなく、お墓の掃除などの手入れなども心配ないからです。さまざまな人が共有しているお墓ですので、掃除などの管理は合同墓・共同墓の管理者である霊園などが行ってくれますので、離れて暮らしている遺族や高齢の遺族にとっても良いことだらけなのです。
また、遺族のなかには最愛のパートナーを亡くして寂しい思いをしている人もいるはずです。そのような場合には、合同墓・共同墓に同じようにパートナーが埋葬されている人と墓参りで知り合い、仲良くなることができたり、会話をすることで故人の死から立ち直ることが出来るケースも少なくはないのです。そのようなことからも、ひとつの墓にこだわるよりも、さまざまな人との交流も期待でき、遺族のためにもなり、故人も寂しい思いをせずに済む合同墓・共同墓は人気を高めつつあると言えます。
カテゴリー: 永代供養

高い墓代や維持費が低い合同墓・共同墓

合同墓・共同墓は、自分専用、または家族と入るために墓を建てることはなく、同じ考えの人と入る墓のこと指します。墓を建てるにも何十万から何百万というお金がかかりますし、維持費にもお金がかかります。

また、墓を掃除する子供もいないし、維持するお金を払う家族もいない人にとって、個人で墓を持つことが面倒と考える人は、費用が安い合同墓・共同墓を選ぶことが多いです。

合同墓・共同墓にすることで、独り身の人でもお骨を大勢の人と一緒に入れてもらえるので、寂しさを感じさせません。そのため、人が好きな人、社交的な人にも最適なお墓と言えます。

このお墓を掃除するのは、寺の住職や掃除会社が定期的に行いますので、いつも綺麗な状態です。お供え物もお花も、お線香もあげてくれます。もちろん、親族や友人、知人はいつでもお墓をお参りすることができます。

合同墓・共同墓は1つの場所に石碑を建てたり、オブジェを置いた簡単なものも多いので、普通スタイルで、気軽にお参りしやすいのが人気です。
カテゴリー: 永代供養

永代供養の3つのメリット

永代供養とは、お寺や霊園にお骨を供養・管理を任せる供養形態のことをいいます。永代供養には3つのメリットがあります。
1つめはお墓の後継者がいなくても申し込みが可能なことです。
永代供養でない場合は、その後に遺族がお参りにこれないと無縁仏になってしまいます。カラスや風雨などによってお墓が荒れはててしまうことでしょう。このような状態になってしまうと、亡くなった方も残念なはずです。しかし、永代供養の場合はお寺や霊園が管理をしてくれるので、遺族がお墓参りに来れなくても安心できます。
2つめは宗派を問われないことです。
お墓に入るためには宗派が問われることがありますが、永代供養は宗派を問いません。無宗教でもどのような宗教でも申し込みが可能です。ただし、お寺の場合は永代供養であっても宗派が問われることがあります。
3つめは生前に申し込みができることです。
生前に申し込みをしておけば、死後に遺族にかかる負担が軽減します。生前なら自分の意思で選ぶこともできます。
カテゴリー: 永代供養

永代供養の選び方について

永代供養は、さまざまな霊園や寺院で行われていますし、タイプもいろいろあるためどれを選んだらいいか迷ってしまう方も多いでしょう。タイプに関しては、個別にご遺骨を安置する個別安置タイプと、ご遺骨を一緒に埋葬するという合祀タイプの大きく2つがあります。そして個別タイプには、普通のお墓と同じような見た目になる個人墓や、室内の施設に安置する納骨堂がなどがあると言えます。
費用については、合祀タイプが一番安くなるため、費用の安さを最も重視する場合はこのタイプを選ぶと良いでしょう。しかしご遺骨を個別に管理して欲しい場合は納骨堂などの個別安置タイプを選んだほうがよいですし、普通のお墓と同じようにお参りしたい場合は個人墓を選ぶ必要があります。
そしてお参りの方法に関しては、寺院などによって供花や線香を焚くことができるかどうかが違ってきます。そのため、どんなお参りの方法が可能なのかということについてもよく調べた上で選ぶことが重要になると言えるでしょう。
カテゴリー: 永代供養

合同墓・共同墓を利用する目的の決め方

合同墓・共同墓は同じ墓石を共有して複数の遺骨を収めることができ、墓参をしやすい場所を選ぶと便利です。お墓は墓石の価格が高く個別に作ると場所代もかかり、管理費が別に発生するため割高になります。共同墓地はお寺の境内や自然豊かな場所にあり、宗派に応じてお墓参りをしやすい環境を探すと利用しやすいです。合同墓・共同墓はただ単に費用を安くすることだけでなく、自宅や親族などが墓参をしやすいように決める必要があります。

合同墓・共同墓を利用する時は会員費やお布施などを求められることもあり、高すぎないか確かめてから選ばないと損をする羽目になります。墓地は故人を偲びやすくするために墓参をしやすい場所を探し、合同や共同で使う際には手軽に利用することを目的にすると効果的です。お墓は共同して使うとコミュニケーションをしやすくてかかる費用を減らせ、知人や親族などとともに利用すると有意義に使えます。共同で使う時はマナーを守り、トラブルが起きないようにすることが大事です。
カテゴリー: 永代供養