永代供養で注意しておきたいこと

永代供養を選ぶときに注意しておきたいこととしてまず挙げられるのは、「合祀されると後でご遺骨を取り出せなくなる」ということです。合祀というのは他の方のご遺骨と一緒に埋葬することであり、1度合祀してしまうと、物理的に考えても個別にご遺骨を取り出すことは不可能になってしまいます。永代供養には初めから合祀を行うタイプがあるため、それを選ぶ際は事前によく検討した上で決めることが必要になるでしょう。そして個人墓や納骨堂などに個別にご遺骨を安置する場合であっても、33回忌などの期間を過ぎると合祀されてしまうケースが多くあります。ですのでその場合は、どのタイミングで合祀されてしまうのかということをしっかり確認しておくようにしましょう。
その他の注意点としては、「周囲の理解が得にくい場合がある」ということが挙げられます。最近は永代供養を選ぶ方が増えていますが、高齢の親族などはその方法に抵抗を感じることもあるため、後でトラブルにならないように事前に十分説明をしておく必要があるでしょう。
カテゴリー: 永代供養